小型トラック/中型トラック/大型トラックの違いとは?

 

こんにちは!

スポット便、食品輸送を手掛けている

岡山市のまことサービスです。


私たち運送業者にとっての商売道具はトラックで、当社でもさまざまな車種を所有しています。

その中でもトラックにおいては、「小型トラック」「中型トラック」「大型トラック」と大きさで分類したカテゴリーで呼ばれることも多くあります。


さて、この「小型」「中型」「大型」とは、一体何でしょうか?

実は以下のように、規格が決まっているのです。


■小型トラック


全長:4.7m以内

全幅:1,7m以内

全高:2m以内

最大積載量:3,000kg以内

車両総重量:5,000kg以内


■中型トラック


全長:12m以内

全幅:2.5m以内

全高:3.8m以内

最大積載量:6,500kg以内

車両総重量:11,000kg以内


■大型トラック


全長:12m以内

全幅:2.5m以内

全高:3.8m以内

最大積載量:6,500kg以上

車両総重量:11,000kg以上


別の言い方をすると、小型トラックは宅配などで多く使われている2トン車。

中型車といえば、8トン車の平ボディなどよく見かけるかと思います。

そして大型トラックはいわゆる10トン車、運送用途としてはウィング車が多いかもしれません。


ところで中型トラックと大型トラックの全長にご注目ください。

どちらも「12m以内」となっています。

中型トラックは実質6~9mのものが中心ですが、大型トラックのほとんどは12mギリギリで作られています。


全長が長いということは、それだけ交差点を曲がりにくいということ。

私たちも大型トラックで市街地を走るときは、死角にも注意しながら安全運転を心掛けています。


多忙なお中元の季節も終わり、ひと段落です。

これからの「味覚の秋」を、楽しんで過ごしていきましょう!


アーカイブ

人気記事